【プエラリアらぼ】信頼できるサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

プエラリアミリフィカで乳がんになるの?

プエラリアミリフィカが最近注目を集めていますが、これは女性ホルモンが不足してしまうことが原因となって起こってしまう様々なトラブルを軽減させることの出来るサプリメントとなります。
しかし、恐ろしいことにプエラリアミリフィカの摂取によって、命に関わってくる乳ガンを発症させてしまうリスクが高まるなんてことを聞いたことがあります。
女性ホルモンの一種として存在するエストロゲンというのは、乳房の細胞分裂を促進させる大切な成分なのですが、乳房にガンが出来てしまった場合には、そのガン細胞までもが分裂し増殖させてしまうことになるのです。

エストロゲンが原因となってガン細胞が発達をしてしまった場合には、エストロゲン性乳ガンと言いますが、実は乳ガンの70%程度を占めているのです。
その原因としましては、ピルなどの経口避妊薬やホルモン補充療法などが一般的になったことで、女性がエストロゲンを摂取する機会が増えてきたことが挙げられます。
プエラリアミリフィカには、植物性エストロゲンと言われるイソフラボンやミロエステロールがたくさん含まれていることから、エストロゲン性乳ガンを引き起こしてしまう原因となってしまうということは想像出来るかと思います。

しかし、プエラリアミリフィカの成分というのは、あくまでもエストロゲンに類似している働きがあるだけであり、摂取することと乳ガンの発症に直接的な因果関係は認められていないのです。
注意するべきこととしまして、プエラリアミリフィカを過剰摂取してしまうと、エストロゲンが刺激されてしまい、分泌が促進してしまいますので、結果的にはエストロゲン性乳ガンを発症させてしまう恐れが出てくることになります。
ですので大切なこととして、初めて摂取する場合には少なめにして用量用法をきちんと守ることです。
過剰摂取したところで、プエラリアミリフィカの効果が高まることもありませんので普通に適量を厳守してください。

トップに戻る