【プエラリアらぼ】信頼できるサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

プエラリアミリフィカは経口避妊薬の作用を阻害するのか

今では常時ピルを使用している女性が一昔前と比較して増えてきています。
そもそもピルというのは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを配合している経口避妊薬となります。
ピルを服用することによって、含まれているホルモンが働き、いかにも妊娠をしているかのような状態を作り出すことから、身体は妊娠をしていると判断をしてしまい、排卵しなくなり、避妊の効果が現れるのです。

また避妊目的で無かったとしても、ホルモンバランスが異常を起こして、発症してしまう女性特有とも言える様々なトラブルにも効果を期待することが出来るということで、医師の指導でピルを服用している人も多くいます。
例えば、生理痛、生理不順、ニキビ、多毛症、そして子宮体ガンなどのリスク低下といった効果を得ることが出来ます。
しかしプエラリアミリフィカとピルと飲み合わせを飲んでしまうことが問題になっていることをご存知でしょうか?プエラリアミリフィカには、イソフラボンやミロエステロールなどといったエストロゲンと同様の作用を持つ物質が含まれていますので、ピルと併用してしまうことによって女性ホルモンを過剰に摂取してしまうことになります。

女性ホルモンの分泌が増えてきてしまいますと、体内におけるホルモンバランスが乱れてしまい、様々な身体的なトラブルを引き起こしてしまう可能性があるのでご注意ください。
もちろんプエラリアミリフィカ単体、またピル単体だったとしても、過剰摂取をしてしまえば当然副作用を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。
このようにプエラリアミリフィカとピルというのは、似たような成分で作られており、また似たような効果があるということを理解していれば、双方を併用することに危険性があることはわかるかと思います。
中には低用量ピルでしたら問題無いのでは?と考えてしまう人もいるかもしれませんが、中用量ピルよりもただ単に副作用が軽減されるということだけであり、成分も効果も変化はありませんので、プエラリアミリフィカとの併用は避けるべきなのです。

トップに戻る